妊娠から出産までかかる費用

嬉しい妊娠。でも、喜んでばかりもいられません。

妊娠したら、出産までの間に検診生まれてくる赤ちゃんの為の準備、そしてどんどん大きくなるおなかにあわせた洋服など…細々としたものが必要となってきます。

特に出産時の入院費用は大きいです。後々戻ってくるお金があるとはいえ、病院への支払いは先に済ませておかなくてはいけません。ですから、出産時に必要なお金は用意しておく必要があります。

また、入院費用も産院によって異なりますし、個室・大部屋といった区切りもあります。出産予定の病院では、事前に部屋や料金を確認しておくと後で慌てないですみます。

妊娠中は妊婦検査で、出産時には入院費用がかかる

妊娠が発覚すると、定期的な妊婦検診がおこなわれます。妊娠初期の頃は1ヶ月に1回といった感じですが、臨月が近づくにつれてだんだん通院する回数も増えてきます。

残念な事に、これらには健康保険が適応されません

なぜかというと、健康保険はあくまでも病気治療の為のものであって、妊娠・出産は病気でもなんでもないからです。

ただ、昨今の少子化対策等による助成制度がありますのでご安心を。
区によって若干の違いがありますので、そこはお住まいの自治に確認しておくといいでしょう。

ちなみに、ほとんどのところが妊婦検診補助権母子手帳につけています。
ただ、必要な検査等で自費で払わなくてはいけないこともありますし、
全ての検査分だけあるわけではないので、自費で払う分もいくらかは発生します。

この妊婦検査にかかる費用ですが、1回あたり5,000円程度となります。
ただし、先ほども言いましたとおり、検査や血液検査などでもっとかかる場合もあります。
かかる金額は妊婦さんとおなかの赤ちゃんの状態によってもかわりますので、妊娠中の経過が良好な人ほど、そこまで費用はかからないといえるでしょう。

そして、いよいよ出産!無事に生まれると、母子共にその後の経過を見るためにも入院します。この入院費用は病院によって異なる為一概にはいえませんが、大体30〜40万は覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

一般的には総合病院のほうが低料金で、個人病院のほうが高額になりがちです。
また、部屋のランクが分けられている場合は、大部屋が安く個室が高くなります。

ここでまとめてみましょう。
妊婦検査を15回受けた場合では、以下のようになります。
1回あたりの金額は5,000円とした場合…

  • 妊婦検査5,000円×15回=75,000円
  • 分娩費用30〜40万円

これにプラスαが加算されるわけですから、50〜60万は用意しておいたほうが安心です。

妊婦検査を受けやすくする助成制度

ここ最近、少子化制度のあおりを受けて、子育てに関する支援策が増えてきています。

妊婦検診時に使える助成制度もその一つで、これは自治体にもよりますが、妊婦検診補助券を配布しています。その内容には若干のばらつきがあるものの、これも今後は統一されるのでは…といった見方もされています。

いずれにしても、なにかとお金がかかる妊婦さんにはありがたい制度ですね。

ちなみに、このチケットの配布が増えた背景としては、妊婦検診が高額になってしまうことから受けない人が多くいたことも関係しているようです。

確かに臨月になると1週間に1回は当たり前、そして予定日が近づくと3日に1回の受診ともなります。これではいくらお金があってもたりません。

かといって受けないことは、出産時にどんなリスクがあるかわからず危険です。
そういったことから、このチケットが考案されたともいえるのです。ですから、有効に使いたいですね。また、妊婦検査だけでなく分娩費用についての助成もあり、こちらは出産育児一時金と呼ばれています。

この出産育児一時金は出産後に振り込まれますが、必要な手続きをおこなえば、病院に直接支払われる受取代理制度も活用できます。

基本としては退院した後に役所にいって手続きし、それから振り込まれますので、実際に退院する際は自費で先に払っておかなくてはいけません。