どこで出産するか?

妊娠した際、まず先に決めなくてはいけないのが出産場所です。

妊娠が判明した時から定期的に妊婦検診を受けにいくわけですが、そこが当然、出産場所ともなります。

出産間近になって産院を変えるのは、体の面からもみてもあまり良いことではありません。今では当たり前のようになっていますが、出産とは命をかけたおこないであり、リスクも高いのです。

やはり、妊娠初期からその経過を知っている医師の下で出産するほうが安全であり安心といえます。

出産場所としては、自宅に近い大学病院や総合病院、そして産婦人科医院、助産院とありますが、なかには自宅出産といった方法もありますね。 最近では、こちらを希望する人も増えているそうです。

どれにしろ、施設の規模費用などまったく異なりますから、よく見比べて自分が安心してお産できるところを選びます。

口コミなどの評価、ホームページやパンフレットを参考に選ぶのもいいですが、やはり実際は自分で足を運んでみてみるのが一番です。

でないと、「こんなだったなんて!?」とがっくりしてしまうことも…。

また、里帰り出産をする場合は、最初は地元の産婦人科などで妊婦検査を受け、臨月になったら実家近くの産院に移ると思います。この際、最初に医師にその事を伝えておく事を忘れてはいけません

そして、最終的にお産をする病院にも事前に訪れておくといいでしょう。
いくら専門の医師といっても、やはり見ず知らずの出産では不安も大きくなるというものですから。

出産場所の候補ができたら内容で選ぶ

いくつか出産場所の候補が決まったら、今度は細かいところの比較検討です。

分娩室はもちろん、入院する際の部屋はどんな感じなのか?
赤ちゃんとの面会お世話の時間などはどうなっているのか?
出産時のケアサポート体制食事内容入浴場所はどうなっているのか?

また、エステや送迎サービス、インターネット環境、面会に来た家族と友達への配慮…など、オプション的なことも調べておきます。

全くおこなっていないところもあれば、ホテル並に用意しているところもあります。

出産には、妊婦さんのメンタル的なものが大きく影響してきます。
それは、体力的にも弱まっている出産後も同じです。

細かいところで居心地の悪さを感じてしまうと、それが悪影響となってしまいますから、こういった施設内の設備等も十分に調べ、自分が安心してリラックスして過ごせる産院を選ぶようにしましょう。

人気の高い産婦人科は競争率も高い

とても充実した産院というのは、例にもれずに人気です。
特に今は産科医不足やそれによる産婦人科閉鎖の問題もありますので、選択肢も少ない状況になっているといえます。

人気のある産院ほど早くに決めないと、そこでの出産が難しくなるのです。

そんな状況を示す極端な話として、こんな話があります。
「妊娠判定薬で陽性だったから受診したんだけど、すでに満員といわれてしまった」
なんとも信じられない話です。

まさに競争社会がここまできているのか…と思わせると同時に、いかに産婦人科が減少しているのかがわかります。

これは本当に極端な話ですが、人気のある産院、ベッド数の少ない産院ではあってもおかしくない話です。ですから、自分が狙っているところがその傾向にあるようでしたら、早くに決めて確認しておいたほうがいいです。

妊娠前の検診でリサーチ

出産場所を決めるのは妊娠してからの事…というように思えますが、妊娠前からリサーチしておくのもありです。

いざ妊娠したことがわかる時期によっても違いますが、つわりで妊娠に気がついた場合、その体で出産場所を調べるのは大変です。ですから、「妊娠したら、ここで産みたい!」と事前に決めておくと、その後もスムーズに準備ができます。

では、どういった方法で調べればいいのかというと、それは子宮がん検診などです。
お産をしているところでは、ほとんどが検診もやってくれます。それを受けることで、大体の雰囲気がわかってくるのです。

アメリカでは産婦人科のかかりつけ医をもち、定期検査を受ける人が多いそうですから、臆せずやっておくと検診もできて生み場所の検討もできてと一石二鳥です。