変わりゆく体型にマタニティウェア

どんどん大きくなるおなか。
おなかは大きくなっているけどスリムな体でいる人もいれば、どーんと太ってしまう人もいたり、実にさまざま。

妊娠期間中は通常の健康時とはまったく異なりますから、その体型の変化は個々によっても一様。本人も戸惑うくらいなのです。

しかも、ダイエットなんてできませんし、水を飲むだけで太るといった人もいるのですから…。もはやこれは経験した人にしかわからない分野ともいえます。

そんな体系変化も激しい妊娠期間。一番困るのが洋服です。ですから、この時期はマタニティウェアという専用の洋服を着用します。

最近のマタニティウェアはとてもオシャレなものが多く、なかには産後も着れるものもあるほどです。昔は「マタニティウェア=ダサい」といった傾向が強かったのですが、今ではそんな影は微塵もありません。妊婦さんにとっていい世の中になったともいえます。

とはいえ、中にはただ単に大きくしただけ…といった着心地もあまり良くないものもありますから、マタニティウエアといっても、よくよく見て選ぶようにします。

また、体型変化は人それぞれですから、必ずしも「あの人も着ていたから…」といった事があるとは限らない…ということも頭にいれておきましょう。

マタニティウェアに最も重要なのは伸縮性

体型が大きく変わるのですから、どの大きさになっても適応してくれなくては困ります。そういったことからも、伸び縮みが優れているものを選ぶと、最初から最後まで着用することができます。特に、膝丈の伸縮素材のワンピースは最適です。

ひもで調整できるタイプですと、おなかの出方に合わせて調節でき、しかも産後も着ることができますのでおすすめです。

また、丈が眺めのチュニックなどもある程度おなかが大きくなってもきれます。
ボトムにはマタニティ用のレギンスやジーンズをはきます。
ジーンズでは、おなかの大きさによってサイズ調節できるマタニティ専門のがありますから、これは一つもっていると重宝します。

最近ではマタニティウェアとも思えないものも多くありますが、チュニックやワンピースなどのように、マタニティ用ではなく、普通の洋服でも着れるものがたくさんあります。

実際、普段からゆったりめのナチュラル系の洋服を選んでいる人は、妊娠してもマタニティ服を買わなかった…という人もいるほどなのです。

妊婦だから…と、それ専門でも考えなくて意外とありますので、お気に入りのブランドでも探してみるといいですね。

足元にはご用心!

洋服も大事ですが、靴選びも大事。スニーカーローヒールのパンプスなど、転ぶ心配のないはきやすい靴を履くようにします。

おなかが大きくなると足元が見えなくなりますから、ヒールがある靴なんてもってのほかなのです。足元がみえなくても履ける靴を用意しておきます。

また、人によってはむくみがひどくあらわれる場合もあります。
まるで巨大なぞうの足のようになる人もおり、そうなると靴も履けません。

むくみがひどい人は、サイズ調節ができる大きめのサンダルを用意しておくといいです。また、スリッパのようにひっかけるだけのタイプのものもいいですね。

産後もイメージしたウェアなら

妊娠中はおなかの大きさに合わせた洋服選びが主流となりますが、出産後授乳のしやすい服かどうかがポイントになります。

ですから、最近のマタニティウェアのなかには、出産後もそのまま着れるように、スナップボタンで簡単に開け閉めできる授乳口が付いたのもあります。

このタイプは、妊娠中産後と長く着れて重宝すること間違い無しです。
なんといっても、産後は赤ちゃんのお世話でバタバタしますし、なによりも1日に十数回と授乳をします。

そのたびに服を脱いでいては大変です。しかも、冬の寒い日であればちょっときついですね。風邪なんてひいていられませんから、体調管理の為にも、そして外出時の授乳にも、授乳口のついた洋服はあるととても便利です。